家族信託の手続きをしていれば財産分与でモメない

男の人

確定申告の代行ができる

メンズ

サラリーマンであれば年末調整があるので原則として確定申告は必要ありません。しかし自由な時間を活かして副業を行っている場合には注意が必要です。副業で給与所得を得た場合には勤め先が二つとなるので確定申告が必要になります。なぜなら年末調整は「主たる勤め先」でしか受けることができないので、勤め先が複数の場合には「従たる勤め先」の収入と合算して計算する必要があるからです。また一時的な執筆活動や趣味で運営しているホームページでアフィリエイト収入を得た場合などでも、金額が一定額を超える場合は確定申告を行う必要が生じます。執筆活動やアフィリエイト収入は本業がある方の場合は一時所得として計算しますが、この一時所得が20万円を超える場合には年末調整では対応できないので自分自身で確定申告を行う必要が生じるのです。

確定申告は期日までに正確に行う必要があります。サラリーマンの確定申告の場合にはいわゆる白色申告となるのでそれほど複雑な計算が必要となるわけではありませんが、業務で経理などを行ったことがない方にとっては計算方法などが独特となっているのでわかりにくいのもまた事実です。そこで確定申告の際ににおすすめなのが税理士への納税依頼です。大阪の税理士に依頼すれば会社から受け取った源泉徴収票と副業で得た収入明細を準備するだけで面倒な確定申告を代行してもらうことができます。税理士への依頼は一般的に内容によってサービス料金が変動するシステムとなっていますが、大阪の税理士に相談すれば個人の納税依頼は格安で請け負ってくれます。大阪で確定申告が必要となった方は、面倒な確定申告をワンストップで依頼できる大阪の税理士に相談しましょう。